辰巳台クリニック

ちょっと、診療科の話

リハビリテーション科

整形外科疾患、スポーツ障害や成長期の疾患、脳梗塞後遺症、神経筋疾患の方を対象に、主に①各関節の痛み、②腕や足のしびれ、③体の動きづらさ に対する治療を行っています。
 
<リハビリの対象>

整形外科疾患:
外傷(骨折、捻挫、打撲)、各関節の痛みやしびれ、関節拘縮(硬くなる)など。

・外傷後や痛みのある部位は、使わなくなるため関節が硬くなったり、筋力の低下が起こります。さらに、痛めていない部位を無理に使うため筋肉に負担がかかり、血行不良や痛みを生じてしまいます。
全身的な筋力や柔軟性の獲得、無理をしない(体の一部分に負担のかからない)姿勢・動作の獲得が重要です。
・また、生活リズムの崩れや、ストレスを感じていると、少しの痛みでも強く感じたり、痛めていない部分を痛く感じてしまうこともあります。患者様の生活習慣を確認することや、患者様がリラックスできるような雰囲気づくりを心がけています。

スポーツ障害:
足関節捻挫、アキレス腱断裂、前十字靱帯損傷、オスグット病、腰痛症、野球肘、野球肩など。

・多くの場合、痛みが出現した部位以外の関節の柔軟性や筋力の低下、痛みや外傷の発生しやすいフォームが原因となっています。リハビリで、他の部位の機能やフォームを、選手とチェックを行いながら治療を進めます。また、近隣病院との連携により、他院で手術して退院をした後から競技復帰までのリハビリも行っております。

体の動きづらさ:
高齢者の体力低下、脳梗塞後遺症、パーキンソン病などの神経筋疾患など。

・体の一部でも動きづらさがあると、基本動作(歩く、立ち上がる、寝返るなど)や日常生活(外出、トイレ、入浴など)に支障をきたしたり、無理に動作をすることで、他の部位に痛みが出てしまいます。動きづらい部位を動きやすくするだけでなく、患者様の全身の機能から最も効率の良い動きを提案させていただきます。




※遠方や高齢の方で通院が困難な場合には、提携している訪問マッサージの紹介も行っております。