辰巳台クリニック

早期発見・治療のために

上部・下部消化器官内視鏡検査

内視鏡検査って、何?
内視鏡検査とは、屈曲の自由な柔らかい管(スコープ)を、内腔を有する臓器(食道・胃・十二指腸・大腸)に挿入する検査のことです。スコープの先端には超小型カメラが装填されていて、モニターテレビに内腔を映し出して直接観察して、診断します。
検査時に、色素を散布して色の変化や凹凸を見たり、組織片を採取して、顕微鏡で調べる(生検)場合もあります。これは、細胞が良性か悪性(ガン)かを判定するものです。また、必要に応じて、ポリープ摘除術や内視鏡的止血術も行います。

上部消化器官(食道・胃・十二指腸)内視鏡検査。

「内視鏡検査は苦しい」と心配される方がいらっしゃるようです。しかし、最近はスコープもより細く、柔らかく進歩してきていますし、熟練した医師が行えば、ほとんど苦痛はありません。また、当クリニックでは、鎮痛薬、鎮静薬を使用した無痛性検査を原則としておりますので、楽に検査を受けていただけます。

内視鏡検査は、消化器系ガンの早期発見に不可欠なものといえます。早期であればあるほど、患者さまは苦痛の少ない、ダメージの少ない治療法が選択できますし、術後の予後も大変良好です。

年に1~2回は、内視鏡検査を受け、ガンの早期発見・予防に努めましょう。

下部消化器官(大腸)内視鏡検査について。

下部消化管内視鏡検査は、肛門からスコープを挿入して、大腸の粘膜表面を直接観察していきます。一昔前は、つらい検査の代表格のようにいわれましたが、機器の進歩、挿入法の進歩、また、医師の技量により、安全で苦痛のない検査になっています。どうぞ、気持ちを楽にもって受診してください。

食生活の欧米化と共に、大腸ガンが増えています。大腸ガンは、40歳代から増え始め、60歳代に最も多く発生します。

・便潜血反応検査で、異常のあった方

・家族に大腸ガンになった人がいる

・潰瘍性大腸炎、クローン病など大腸由来の症状のあった方


などは、要注意ですので、受診をおすすめします。また、ガンの発生母地となる良性の大腸ポリープを発見できるのも、下部消化管内視鏡検査です。特に気になる症状が無くても、定期的な受診 を心がけましょう。